お手伝い

今回は私の古巣、カントリーログさんのお手伝いで、アンコール フレックスバーンのメンテナンスにいってきました。

お客様は2シーズン使用されましたが、ほとんど焚いていないようだったので、とてもきれいな状態でした。角トップの場合ですと、煤やタールが大量についていると、それはそれは大変なのですが、キレイだとあっという間に終わります。本日はもちろん後者だったので楽ちんでした。それとカントリーログさんの場合、本体メンテは別途料金になるので、あまり使用されていないことも踏まえて、触媒の清掃と、グリドルのガスケット剥がれの修正をサービスしてメンテ終了!準備と片付け込みで1時間20分でした。最短記録です。

でも現場への往復時間は5時間以上かかったので、結局は1日の作業ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA